【個人用のシャチハタ】今どきの注文の仕方

【個人用のシャチハタ】今どきの注文の仕方
(階層カテゴリ:ちょっと役立つ生活知識/全般)
●おすすめ度:80%             記載日 17/11/18 更新日 17/11/18

 最近のシャチハタの作り方は、どうすればいいの? ちょっと疑問に思いました。そこで今回は、この生活課題について考えてみます。

1711a_0_op.jpg


<シャチハタが古くなった>
 大昔に会社で作ってもらったシャチハタの反応が悪くなった。ゴムは劣化してはっきり印刷されなくなった。もう20年くらい経つのでさすがに個人でシャチハタを購入しようと思いました。


<文房具屋さんがない>
 昔は町中にたくさん文房具屋さんがありました。そこでシャチハタを注文すればシャチハタを作ることができました。しかし、消費者の買い物の変化により町中から文房具屋さんがなくなりました。


<どう注文すればよい?>
 町中に文房具屋さんがなくなってしまった現代。シャチハタを買いたいけど、どうやって買えばいいのと悩みました。


<amazon>
 もしかしてamazonでシャチハタ購入できないかなと思いました。検索してみるとamazonでシャチハタを購入できるのがわかりました。


<書体とかインクの色はどう指定するの>
 印鑑を作るとき困るのが書体とかインクの色の指定とかです。これamazonでシャチハタを購入するときどうするんだろうと思いました。amazonでシャチハタの商品ページをみてみると、購入するとき以下の指定ができることがわかりました。

 ・作成名
 ・書体
 ・レイアウト
 ・インク色

 試しに購入する寸前まで、操作しましたが上記の指定ができるのがわかりました。このテストで安心しました。詳しい操作方法や印鑑の設定方法はamazonの商品ページをよく読んでください。


<まとめ>
 町から文房具屋さんがなくなった現代。シャチハタを購入したいときどうすればよいのと思いましたが、amazonで購入できます。購入する段階で印鑑の詳細設定をすることができます。今の時代でシャチハタを作りたいときはamazonで購入するのが一番便利かと思います。


おしまい

スポンサーサイト

最近の車はボタンスタートて知ってた?

最近、レンタカーを借りました。

運転席に座るとカギ穴がない!
「なんで?」と思いました。

自分がレンタカーを発進できずに悩んでいると、店員さんが来てくれて教えてくれました。

「そこにあるボタンを押すとエンジンがかかりますよ」と

ハンドルの左付近にそっけない「スタートボタン」がありました。ブレーキを踏んでボタンをおしました。
エンジンがかかりました。

「今はこういう時代なんだ」と思いました。

うーん、なんかそっけない。時代遅れの人間なので、車のボタンスタート、このとき初めてしりました。

知っておこう!日雇いアルバイトは一番損をする現実

 お金がないシケポンです。日雇いのバイトは自分の空いた時間を利用してお金を稼げて一見よいように思えます。しかし、よくよく考えてみると一番損をします。今回はそんなお話をしてみます。
 
1406a_1.jpg


<昔は日雇いのアルバイトをしていた>

 お金がないシケポンです。週5で倉庫のアルバイトをしていますが月の収入が少ないです。そこで、少しでもお金を増やすために空いている公休日に日雇いのアルバイトをしていました。

 だいたい日雇いの1日のアルバイト代というと6000~8000円といったところです。でも、よくよく考えてみると日雇いのアルバイトは一番損をしてアホらしいのでやめました。



<一般の人が日雇いのアルバイトをする理由>

 一般の人が日雇いのアルバイトをする理由は率直にいえば、本業としている収入が少ないからだと思います。

だから、本業の空いている公休日を利用して、お金を少しでも稼ごうとしていると思います。



<日雇いのバイトでよく派遣されるところは・・>

 登録制の日雇いバイトでよく行かされるところは、だいたい倉庫か引越しです。正直、やりたくない力作業をやらされます。一番やりたくない嫌な作業をやらされます。

結局、日雇いのバイト会社には変なところをあてがわれ、使われたいように使われます。日雇いの場合、楽でよいバイト先へ行かされるなんてことはまずありません。幻想は捨てましょう。

 バイト会社も「どうせ日雇いのアルバイターなんか1日だけだし、使いたいように使えばいいや」という考えです。なので一番やりたくない、倉庫作業の重い荷物を運ぶ作業や引越しの重い荷物を運ぶ嫌な作業ばかりやらされます。

 それか、頭の悪そうなリーダーがいる、劣悪環境な場所に行かされ、奴隷のようにこき使われます。下っ端扱いです。作業的にはダンボール箱を作るだけとかですが、いちいち文句を言われ、頭のおかしいリーダーにぺこぺこしないといけません。常識が通用しません。日雇いのバイト先なんかそんなへんなところばかりしか、いかされません。



<バイト会社は何とも思っていない>

 だいたい日雇いのバイト会社にくる案件なんて、だれもがやりたくない作業ばかりです。そりゃーそうでしょ。誰もやりたくない作業だから、バイト会社に応援を頼むのですから。

倉庫の作業の場合は、急に1日の出荷が多くなり、パートだけの人数では、さばき切れないからバイト会社に応援を頼みます。そして、そんな倉庫会社に行くと一番やりたくない力作業がまず回ってきます。

倉庫会社も「どうせカスみたいな一番やりたくないイヤな力作業をバイト会社から来た人間にやらせればいいや」という考えです。金払ってんだからこき使えばいいやという考えです。引越しのバイトにしても考えは倉庫会社と同じです。

バイト派遣会社も「一旦行かせてしまえばこっちのもの」くらいしか思っていません。アルバイターを口で丸め込んで行かせればあとはどうにかなるくらいしか思っていません。

現実はそんなものです。バイト会社なんてアルバイターの味方になんかなってくれません。口で丸めこめば勝ちくらいしか思ってません。



<根性なんて出す必要はない>

 正直、誰もやりたくない作業をやらされてこき使われて根性なんて出す必要なんてありません。それよりも今の状態を冷静に考えたほうがよいです。

アホくさくて割りに合わない日雇いのバイトなんてやらないほうが賢明です。冷静に考えましょう。



<割りに合わない損をする>

 こんなアホな作業を一日やらされ、1日6000円程度にしかならないのは割りに合いません。冷静に考えて見ましょう。

せっかくの一日を頭のおかしいリーダーと呼ばれる変な人間のところに行かされ1日中、嫌な思いをしたり、倉庫とか引越しとかの筋肉バカに指図されて1日中、重い荷物を持たされたり、一番誰もがやりたくない嫌な作業をさせられて1日中不愉快な思いをしてまで、たった5000~6000円しかならないバイトをする。

自分はお金がないので何回か我慢して日雇いのバイトをしていましたが、だんだんアホらしくなってきました。まず自分の空いている日に1日だけバイトをするといって、楽でよいバイトなんていうのは100%ありません。よいところにいかされるなんて100%ありません。
 登録制の日雇いのバイト会社に冷静に考えてこき使われるのはやめましょう。



<バイトでお金を稼ぐなら>

 でもお金がなくてバイトしたいというのも事実だと思います。自分が言えるのは今まで日雇いでよい作業場所なんて一度もありませんでした。行かされるところはみんな、くそみたいなところでした。でもこれも現実です。依頼を申し込む会社はお金を払っているのですから。

 ちょっとでもよい環境でアルバイト料を稼ぎたいなら、やはり週何回か固定的にバイトするほうがよいと思います。そういうところのほうが日雇いのバイトより幾分よいかと思います。でも悪いところもあるのでバイト先は選んだほうがよいです。



<まとめ>

 日雇いのバイトで、よい場所に行かされるなんてことはまずありません。依頼会社は一番やりたくない作業だから依頼してくるのですから。もし、日雇いでバイトするなら、そのくらいの覚悟で行きましょう。

日雇いのバイトはクソみたいな、ろくなところしかないと考えていたほうが賢明です。

ちょっとお金を稼ぎたいというなら、週何回か通えて自分にあったバイト先を見つけたほうがよいと思います。そんなところを探しましょう。日雇いバイトはクソみたいなところばかりです。

それが自分の実体験で言いたかったところです。皆さんもこの記事を読んで、日雇いバイトを冷静に考える参考になればと思います。

 
 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
 
おしまい

サッカー ロシアW杯 出場おめでとう!

1703a_0_op_R.jpg

2017年8月31日、ワールドカップ出場をかけて最終予選、日本とオーストラリアが戦いました。見事に日本が2対0で勝ちました。

日本代表、ロシアW杯の出場おめでとうございます。

浅野の1点目もよかったけど、井手口の2点目もよかった!

オーストラリアのディフェンダーをサーフィンの波にのるようによけて、ゴールと併走して、そのあとシュートしてズドン。

シュートはゴールの上のバーぎりぎりなので、キーパーも取れない。完璧でした。

あの2点目のシュートでオーストラリアを完全に打ち砕きました。

いつもやられているので、2点目のシュートは気持ちよかった。

ピッチに上がった日本の選手、みなよかったです。 選手と同様に喜びをかみしめられてよかったです。

おめでとう。日本代表。


雑記ブログサイトで200記事突破した

1503b_0_op_R.jpg


これとは別の雑記サイトで200記事を突破した。

こちら → 単身合理主義

少し広告収益も出てきた。

いやー200記事、書くの大変。
これから、もっとその雑記ブログが皆さんに愛されますように・・・